通勤時間の短縮で両立を目指す

看護師のように仕事が毎日忙しくなると、家庭のことにまでなかなか気が回せなくなります。早朝から働いたり、残業を連日行ったりするような状況で働いている場合にはいつも予定通りに家事を行えるわけではありません。
しかし、女性は家庭のことを任されてしまいがちであるため、働いていこうと考えるとうまく両立させるための方法を考えることが大切です。

その1つの視点として持っておきたいのが自分の家をどこに構えるかということであり、少しでも通勤時間の負担が軽くなるように考慮しましょう。通勤時間は毎日かかるものであり、片道で30分だけ軽減できれば1日で1時間の余裕が生まれます。それだけでも十分に掃除と洗濯を行うことができるでしょう。夫婦でよく相談をして住む場所を決め、職場とできるだけ近い場所にすることが大切です。
夫婦のそれぞれの職場を考慮して住む場所を決める必要が出てくるでしょうが、家事の負担が大きいことを根拠にして女性側の職場の近くに家を構えるようにするのは賢明な考え方でしょう。夫の立場からすればわがままと思われてしまうこともありますが、仕事だけでなく家事にも参加して欲しいということを伝えると折れてくれるかもしれません。あるいは本当に掃除や洗濯などを手伝ってくれるようになる可能性すらあるでしょう。結婚をして夫婦で生活を始める時には無理なく家庭と仕事が両立ができるように、職場と住む場所の位置関係をよく吟味することが大切です。