家庭と仕事を両立するために

かつて寿退社をした後は家庭に入る専業主婦がほとんどだった時代もありましたが、現在は結婚した後も共働きで働く家庭が年々増えています。家庭のことは女性が一任されているのが一般的といった専業主婦家庭と違い、共働き家庭では夫婦で家事を分担することが求められています。
しかし、現状は女性の方が担当する家庭が多いため、共働き家庭の多くの女性は仕事と家事の両立を頑張っているのです。そこに子供が生まれ育児が加わると更に女性は多忙になり、働き方が正社員からパートや派遣、時短勤務などへと変わってくることが多くなります。

看護師のように資格がある場合は夜勤のある病院から日勤のみのクリニック、企業の医務室といった自分に合わせた働き方を選ぶことができる上、経験者の需要が大きいので職場復帰しやすいといわれています。しかし、需要があり受け入れる体制を整えてくれる職場だからこそ、影で支えてくれるスタッフがいるのを常に意識するべきです。なぜなら自分が家庭の用で休んだり早退したりした時に、自分の業務と休んだ人の分の仕事をしてくれている相手には負担がかかるためです。
それにもかかわらず当たり前の態度では相手の不満がたまり、職場の雰囲気が悪くなる恐れがあります。周囲の協力なしで両立は非常に難しいので仮に助けてもらった場合は、次に会った時に丁寧にお礼をいう以外に人の嫌がる仕事を進んで行うといいでしょう。また、他でフォローが必要な時は、率先して協力する姿勢を見せることも大切です。